商業簿記の基礎を身につけてから工業簿記にチャレンジ

簿記の必勝勉強法

簿記の基本は、商業簿記に集約されていると言っても過言ではありません。
日商簿記検定の3級では、この商業簿記に関する基礎的な問題が出題されますが、小規模の個人商店レベルの問題となっていて、2級になると規模の大きな企業レベルにまで上がり、より実践力が試されることになります。
2級からの受検を考えている人でも、まずは3級のテキストなどで簿記の基礎概念をしっかりと学んでから、2級レベルの学習に取り組んだほうが効率よく知識や実践力を身につけることができます。

さらに、2級にレベルアップすると、商業簿記に加えて工業簿記という難敵が登場します。財務会計である商業簿記とは目的が違いますし、処理も独特ですので、工業簿記を苦手科目としてしまう受検者が多いのも事実です。
工業簿記を効率よく理解するコツは、工業簿記のテキストをひと通り読んだら、細かい公式などを暗記する前に、まずは以下のようなポイントを自分なりにまとめてみることにあると思います。

  • 工業簿記の全体像をつかむため、勘定連絡について理解すること
  • 個別原価計算と総合原価計算の違いについて、どんな場合が個別でどんな場合が総合となるのか?を理解すること
  • 製造間接費の予定配賦は、なぜそうしなければならないのか?を理解する
  • 直接原価計算の目的や意義を理解すること
  • 標準原価計算の目的や意義を理解すること

このような項目を自分なりの考えでまとめてから学習に取り掛かると、意味が分からないままに公式を丸暗記したりする非効率な作業を避けることができます。その後の理解が大きく違ってきますので、ぜひ試してみてください。

次のページ >>

2級・3級同時合格を3ヶ月で目指す方向けの教材はコチラ
3級だけではあまり意味がないので、同時に取得しちゃいましょう!